売却を頼むときの媒介契約は、どれを選べばいいの?

一棟アパート・一棟マンション売却の窓口、管理者の小澤辰雄です。投資物件をお持ちのオーナーであれば、いずれおとずれる物件の売却。今回は媒介契約はどれを選べばいいの?というお話です。


売主さんから売却の依頼をいただくときに「専任媒介じゃなくてもやってくれるの?」と聞かれることがあります。

私が売却依頼をいただくときには、この媒介契約の種類については特に気にしてはいません。私としては一般媒介でも専任媒介でもやることは変わらず一生懸命やっていますので、どちらでもいいとお話しています。

まずは媒介契約の内容が分からないという方のために、簡単に説明させていただきます。

一般媒介:
・複数の不動産業者に売却依頼ができる。
・売主への売却活動報告の義務がない。
・レインズ(不動産業者専用の物件登録サイト)への掲載が任意。
・売主本人が買主を見つけてきた場合、媒介契約中の不動産業者を通さずに契約することが可能。
・契約期間は媒介契約から3ヶ月間(継続可能)

専任媒介:
・売却の依頼先は1社のみに限る。
・売主への売却活動報告の義務がある(2週間に一回以上)
・レインズへの掲載が義務がある。(掲載しないといけない)
・売主本人が買主を見つけてきた場合、媒介契約中の不動産業者を通さずに契約することが可能。
・契約期間は媒介契約から3カ月間(契約可能)

専属専任媒介:
・売却の依頼先は1社のみに限る。
・売主への売却活動報告の義務がある(1週間に一回以上)
・レインズへの掲載が義務がある。(掲載しないといけない)
・売主本人が買主を見つけた場合も、媒介契約中の不動産業者を通して契約をする必要がある。
・契約期間は媒介契約から3カ月間(継続可能)

このように、売主さんと不動産業者の間で行う『約束』のことを媒介契約と言います。 そしてこの媒介契約の種類によって少しづつ契約内容に違いがあるのです。


一般的には物件情報を自社で優先できる専任媒介をおすすめする不動産業者が多いようですが、売主さまとしてはできるだけ高く売りたいという気持ちがあるため、複数社に依頼ができる一般媒介契約を希望される方が多いです。

結論を言うと、媒介契約の種類によって売却価格が変わるという事はありませんので、売主さまの目的に合った媒介契約を結んでいただくのがよいでしょう。


ちなみにわたしが売却の依頼を受けるときには一般媒介契約で受けることが多いです。最初にもお話した通り、一般媒介でも専任媒介でもやることは変わらず、しっかりとやらせていただくからです。売主さまにとってあまり意味のない報告をしすぎるのもどうかなと思うのも理由の一つです。


例えば専任媒介を結んだ場合、2週間に一度以上の活動報告をする義務があり、お客さまから問い合わせがなかったり特に進展がない場合は『お客さまの反応はなしです』という報告をすることになってしまい、私も辛いからです。売主さまにはなるべく具体的なお話があったときに、連絡をするようにしております。


また、
何社かに依頼をしてさまざまなお客さんの反応を見たい。という方や、付き合いのある不動産業者にも依頼したいという方も多いため、一般媒介での契約をおススメしております。

しかし、中には物件情報を粗末にあつかう不動産業者もいるので、依頼先だけは慎重に選びましょう。


おしまい

●会員限定で最新の融資状況、未公開の情報を含む物件情報などをメルマガ配信しています。登録していただいた方には、うまくいっている買主さん売主さんの特徴をまとめた「うまく購入売却している人はこんな人だ!」をプレゼントさせていただきます。PDF6ページの簡単に読めるレポートになっています。メルマガ自体も完全無料になりますので、ぜひご活用ください。
【メルマガに登録する】
※メールアドレスの入力ミスがあった場合、情報をお届けすることができません。入力間違ったかも?と感じた方は再度ご登録ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です