元号が変わると、何か影響するの?

売却の窓口、管理者の小澤辰雄です。投資物件のオーナーであれば、いずれおと ずれる売却の時。今回は天皇陛下の退位即位によって発表される新「元号」が不動産に影響するのか考えてみます。

みなさんは「大正築の投資物件」と聞 いてどんなイメージを持ちますでしょ うか。

「イメージ」というのはあいまいなものですが、買主さまが物件購入の判断をするときに、実は大きく影響してい るものなのです。

そしてこの「イメージ」が変わる時が近づいています。


そうです。 天皇陛下の退位即位による 「新元号」の発表です。

このお話をお客さんにすると、元号が変わると何か影響するの?と質問されることがありますが、実は影響することがあるのです。

新元号になると、昭和という時代が2 世代前になり、少し遠い過去のイメー ジになるのです。

現在で考えると、昭和築の物件は今後 「大正築の物件イメージ」となります。

実質的な物件条件と関係はありませんが、実はこのイメージ(印象)は見えない所で買主さまの購入判断を左右しているのです。


思い浮かべてみてください。

あなたは購入を検討している物件があ ります。

その物件は資産価値も高く満室の状態です。収益物件としては優良な物件であり、買いたい。と考えています。

ただし、その物件は昭和56年より以前に建築された旧耐震基準の物件だっ たのです。

あなたは一瞬、きっとこう考えると思います。「古いけど大丈夫かな?」

収益物件の良し悪しは築年数で決まる ものではありません。しっかり手入れ をしていれば昭和56年以前の物件に も優秀な物件はたくさんあるからです。

しかし、今後の修繕や出口戦略を考えたときに「築古のイメージ」に不安を感じて購入を見送る買主さまが多いことも事実なのです。

つまり今後、 昭和築の物件は「築古のイメージ」になり、購入見込み客の人数が減ると予想されるのです。

不動産投資の上級者は、その事もしっ かり考えて判断するので問題ありませんが、そのほかの投資家さまの心理的ハードルは上がりそうです。

また、銀行もこのような節目を理由に融資基準が変わることもあるので、そこも注意しておきたいところですね。

私も昭和築の物件オーナーです。10 年以上は保有をして残債を半分以下にする。もしくは建替えをして長期保有することを「出口戦略」として購入しました。

まだ明確な出口戦略をお持ちでない方も、売却タイミングを考えるキッカケになれば嬉しいです。

おしまい

●会員限定で最新の融資状況、未公開の情報を含む物件情報などをメルマガ配信しています。登録していただいた方には、うまくいっている買主さん売主さんの特徴をまとめた「うまく購入売却している人はこんな人だ!」をプレゼントさせていただきます。PDF6ページの簡単に読めるレポートになっています。メルマガ自体も完全無料になりますので、ぜひご活用ください。
【メルマガに登録する】
※メールアドレスの入力ミスがあった場合、情報をお届けすることができません。入力間違ったかも?と感じた方は再度ご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です